基本のマナー|美味しいものを沢山食べてみたいならイタリアンも良い選択

美味しいものを沢山食べてみたいならイタリアンも良い選択

男性女性

基本のマナー

和食

和食といっても種類が豊富です。今回は食事作法について学んでみましょう。かっこよくスマートに食べることが出来れば周りの見る目も変わります。川越には本格的なお店も多いので食事をする前に事前に知識をつけておきましょう。
和食を頂く場合、基本的には美しく、相手を不快にさせないことが重要です。食事の流れですが割り箸は上下にわります。わったら一旦箸置きに戻してください。戻した箸は右手で取り、左手を添えるようにして持ち直します。食事中に箸を置く場合も椀の上ではなく、箸置きに置いてください。運ばれてきた料理は蓋がついているものがありますので、全て蓋を取ります。裏返して膳の外に置くのがマナーです。食べ終わったら、蓋を元にもどします。食事が終わってからお茶を頂きましょう。川越で食事をするときも、流れはかわりません。平皿は器を置いたままで食べますが、椀や小皿は持って食べます。箸で一口で食べられる大きさにしてから頂くのが和食の基本です。数種類の料理が一皿に盛られている場合は端から食べていきます。それぞれ料理には食べ方があり、刺し身や前菜は盛り付けを崩さず手前から、焼き物・煮物について魚は左から食べます。基本的に端から食べましょう。蒸し物・酢の物は上から順番に、揚げ物は手前から椀物はかき混ぜてはいけません。ご飯が出てきたらお酒は飲めません。他の料理とバランス良く食べます。これは川越でも通用するマナーです。
このように基本的なマナーを知ることで、川越で一目置かれる存在になりますので勉強してみるのも良いでしょう。和食は難しいと思っている方でもマナーを覚えることで十分楽しむことができます。